M3RC/20_活動の歴史/2008部内大会

Last-modified: (4008d)

部内大会2008「聖火を高く掲げよう」

概要

zoom bunai2008_parts.jpg

自動ロボット1台を使い、フィールドに散在する「トーチ」を集めて「聖火台」に積み、より高い位置に「聖火」を掲げることがミッションです。

写真で赤青のボールが「聖火」です。円柱状のものが「トーチ」。「聖火台」は、フィールド中央と四隅のエリアです。

2つのチームが、赤チームと青チームに分かれ同時にスタートします。 「聖火」と「聖火台」も、赤青に区別されており同色が自チームのものです。トーチは両チーム共通です。

「聖火」を灯した4段以上の「トーチ」を2つ「聖火台」に置いたチームは、「イグニッション(Ignition)」達成となり、その時点で勝ちとなります。

どちらのチームも「イグニッション」を達成できなかった場合、より多くの得点を獲得したチームの勝ちとなります。

得点

  • 1段…2点(トーチのみの得点です。以下同様。)
  • 2段…5点
  • 3段…10点
  • 4段…17点
  • トーチの一番上に自分の聖火があると…x2
  • トーチの一番上に相手の聖火があると…-1
  • トーチの間に聖火があると…+3

※実ルールはもっと複雑であり、上記は飽くまで概要です。

出場チーム

ナット

2009_team_a.jpg
マシン名:スプリングワッシャー
見る度に見慣れない機構が増えたり減ったり?改革派のマシン。
本大会では5段積みが可能な唯一のマシンでもある。

白い小悪魔

2009_team_b.jpg
マシン名:RZ
合い言葉は「mywait(魔法の関数?)」?
最後までプログラミングに苦しんだマシン。
全ての動作が時間制御の紙一重設計のため、バッテリーの微妙な変化で上手く動作しない事も。。。
他のチームと違い、製作人員が実質1人だったことも苦しさの原因であった。

OO

2009_team_c.jpg
マシン名:デンチメン
読んで字の如く”電池”が満載されたマシンだ。
本人はカウンターウェイトだと言っているが、何故電池なのかは不明。
上下機構が他チームと異なっているのが吉と出るか凶と出るか?

ドライバ

2009_team_d.jpg
マシン名:ネジ
今回最も堅実な動作を見せているチームである。
部内のプレ大会では見事「イグニッション」の達成を果たした期待のマシンだ。

試合風景

2008_1.jpg
試合中はマシン同士の激突もしばしば。。。

2008_2.jpg
チーム「ナット」5段積み成功!!

2008_3.jpg
あー折角積んだのに。。。
ロボット同士の対戦でも、何が起こるか分からないのが面白いところです。

2008_4.jpg
試合中でもゴリゴリとプログラムを書き換えます。

試合結果

第一回

1st.jpg
優勝:ナット
準優勝:ドライバ

第二回

2nd.jpg
優勝:ナット
準優勝:OO

第三回

3rd.jpg
優勝:ドライバ
準優勝:ナット

第四回

4th.jpg
優勝:ドライバ
準優勝:ナット

1日目の1,2回戦はチーム「ドライバ」の圧勝でしたが、翌日にはチーム「ナット」
が確実に勝利を重ねていく形で、両チーム接戦となりました。


Attach file: file2008_1.jpg 1060 download [Information] file2008_2.jpg 1084 download [Information] file2008_3.jpg 1076 download [Information] file2008_4.jpg 1078 download [Information] file4th.jpg 1045 download [Information] file3rd.jpg 1106 download [Information] file2nd.jpg 1120 download [Information] file1st.jpg 1090 download [Information] file2009_team_a.jpg 1091 download [Information] file2009_team_d.jpg 1089 download [Information] file2009_team_c.jpg 1124 download [Information] file2009_team_b.jpg 1082 download [Information] filebunai2008_parts.jpg 1420 download [Information] filebunai2008_field.jpg_300x200.jpg 448 download [Information] filebunai2008_field.jpg 868 download [Information]